相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】

カップル

自働車事故にあったら

自働車を運転するのならば保険には必ず加入しなければなりません。強制保険だけでは賄えない事があるので任意の自動車保険にも加入を薦めます。保険料は、事故がなければ掛け捨てなので高いものになりますが、口コミサイトや見積もりサイトなどを上手に活用して自分に合った保険を見つけましょう。

男女

商品選びの基本とは

子育て中の30代の世帯が保険契約を結ぶ場合には、家計診断の内容を総合的に考えて、病気などへの保障を手厚くすることが重要です。終身タイプの医療保険や特約を活用したり、個人年金にも加入して老後に備えるのが、30代の家計運営のポイントです。

最新記事一覧

説明

贈与税と相続税対策をする

生前贈与をするときには生命保険を利用すれば贈与税がかかりません。また、終身保険タイプであれば「500万円×法定相続人数」まで非課税になって相続税の節税対策になります。子どもだけでなく孫にも適用できますので、積極的に活用してみましょう。

おもちゃの車

いざという時の備え

自動車保険は、いざという時のための備えであり、任意保険であっても加入する必要があると考えます。保険の選択は、一概には言えませんが保険に加入した人の口コミや体験談は、過去の教訓から学んだ事なので加入する際の参考となります。また、各保健会社の対応などもユーザー目線で記載されていますので、参考になります。

夫婦

FPの役割

家計診断はファイナンシャルプランナーであるFPが行うサービスで、家計の支出や収入をすべて確認して無駄を省くものです。貯蓄を出来る家計作りをするものですが、30代であればイベントが多く訪れる為ライフプランニングと合わせて行います。保険の見直しの他、将来にわたる対策についても相談出来る点で人気です。

相増税対策をする

男女

納税の負担が減る

保険を利用して節税対策をすることができることはあまり知られていませんが、実は富裕層の人々を中心にして広く行われていることです。具体的には生命保険に加入しておくことで相続税の節税対策をしているのです。その理由としては、節税対策をすることで残された家族の遺産分割がもめることなく円滑に行えるようになるからです。円満な財産分与が行われれば争いは起きませんし、税金を支払うために土地やその他の資産を売却する必要もありませんし、何よりも受け取る金額が減らないのは大きなメリットでしょう。被相続人が亡くなった場合、相続者に相続税が課税されるのは当然です。10ヶ月以内に深刻と現金での納税をする必要がありますが、生命保険に加入して積み立てをしていれば死亡保険金が家族に支払われます。つまり、納税の負担が減ります。もちろん、死亡保険金も相続税の対象ではありますが、例外があるのです。法定相続人×500万円までは非課税なのです。たとえば、生命保険金を2000万円受け取った場合を考えて見ます。配偶者1人、子ども2人がいるとすれば法定相続人は3人になりますので、1500万円分が非課税で課税対象は500万だけになります。現金をたくさん持っている場合に比べて非課税分が多いので、十分な節税対策になるというわけです。一方、死亡保険に入っていないのであれば納税のために現金をかき集めないといけません。このように生命保険に入っているだけで課税額に大きな差が出ます。

Copyright© 2017 相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】 All Rights Reserved.