相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】

最新記事一覧

自働車事故にあったら

カップル

情報を賢く活用する

自働車運転免許を取得して自動車に乗る場合、日本の保険制度では、ふたつの保険があります。強制的に加入するのは、国が管理する自賠責保険と民間の損害保険会社が管理する任意保険です。自賠責保険は、最低限の保証なので事故を起こした場合に不十分になります。強制保険は、人に対しての保証で限度額も決められています。また、自分の怪我や物に対しても保証がされません。つまり、物損や自分の怪我、相手の保証が高額になった場合では、すべて自己負担になります。このことから自動車を運転するのであれば任意の自動車保険には加入するべきだと考えます。任意自動車保険は、契約内容にもよると思いますが、相手に対しての示談交渉や運転中のトラブルでのロードサービス、物損事故、任意保険に入っていない相手にぶつけられた場合などでも保証があるものもあります。現在のようにインターネットなどが普及する前は、自動車保険などはディーラーや損害保険会社の営業の人を通して加入していましたが、今では通販型やダイレクト型、自動車保険の口コミサイトが多くなってきました。このようなタイプでは、代理店などを通さない為、保険料が安く抑える事ができます。また、インターネットなどでは、自動車保険会社などの口コミを見る事ができ自分に合った会社を選ぶことができます。口コミでは、いろいろな意見が書き込んであり参考になります。保険料を安く抑えたいと考えるならば、保険見積もり一括サイトや口コミサイトを活用しダイレクト系の自動車保険も良いと思います。

Copyright© 2017 相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】 All Rights Reserved.