相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】

最新記事一覧

贈与税と相続税対策をする

説明

現金で生前贈与しない

生命保険を利用して生前贈与をすれば節税対策になります。生前贈与といえば現金や貯金をイメージされることが一般的ですが、多くの金額を子どもに与えてしまうと金銭感覚が狂うだけでなく、贈与税の課税対象にもなります。そのため、生命保険に加入することで現金を与えないようにすることです。そうすれば簡単には使用することはできませんし、節税対策にもなります。どうしても現金で生前贈与したいときには年間110万円以下に抑えることです。そうすれば贈与税がかかりません。また、生命保険には、定期保険、終身保険、養老保険の3種類がありますが、終身保険に加入すると相続税の非課税対象金額が増加します。これはどういうことかというと、財産を相続したときに相続者には当然相続税の義務が課されますが、終身の生命保険に入っていれば「500万円×法定相続人の数」の分だけ非課税になるのです。生命保険金を3000万円受け取って家族が5人いるなら、3000万円のうち2500万円が非課税になり、課税対象金額は500万円だけになります。これはとても大きな節税対策です。 さらに、子どもだけでなく孫にも利用することができます。孫に財産を相続させるときには通常よりも1.2倍の相続税がかかりますが、本来2回の相続をする必要があるところを1回で済みますので、支払う課税金額はトータルで見れば少ないです。何よりも孫も法定相続人とみなされますので、死亡保険金の非課税枠を受けられます。こうした節税対策を行うことでお金を無駄遣いしないようにしましょう。

Copyright© 2017 相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】 All Rights Reserved.