相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】

最新記事一覧

FPの役割

夫婦

家計のムダを省く

ファイナンシャルプランナーのサービスの1つとして家計診断があります。これはもう1つのサービスのライフプランニングと密接に結びついているものですが、家計診断は現状の支出と収入をすべて確認をして無駄を省く事を言います。特に同じ年代、30代であれば30代の人と貯蓄や支出等も比較をして現実を認識します。家計診断の最大の目的は無駄を省くこと以外にいかに貯蓄が出来る家計を作り上げるかです。この為には家の次に高い買い物と言われる保険についても見直しをする必要があります。30代であれば貯蓄以外にも結婚をして子供が生まれる、また家を購入する等の様々なイベントが多くありお金もかかってきます。家計診断をして保険のスリム化等を行っておかないと将来支出がマイナスになる事も否定できません。そこでこのサービスは利用する意味もある上、人気となっています。特に生命保険は中身が分かりにくく加入者もどのような内容に入っているのか理解をしているケースも少なくありません。そこで家計診断を行う際に、ファイナンシャルプランナーであるFPが保険の説明も行い、不要なものは見直しをします。これによりスリム化をする以外に利用者の満足度も高くなります。家計診断はあくまでも現状の家計についての診断ですが、30代以降子供が成長するとさらに支出は多くなります。将来に対してどのように家計を組み立ていけばよいかを事前に相談する事で多くの対策が建てられます。このような意味でも家計診断の利用する目的は十分ありますし、人気となっています。

Copyright© 2017 相続費の節税対策のために保険に入ろう【メリットとは】 All Rights Reserved.